相続の申請手順のきほん


 
相続の手続きは、なるべく簡単に済ませたい所です。近い将来システムが普及し、相続手続きが簡単にできる時代は来るでしょう。しかし残念ながら手続きは複雑なままで、簡単に済ませられるようになるにはしばらく待つしかありません。
でも相続の申請手順の基本を抑えておけば、「劇的に」とまではいかずともある程度までは簡単にはなるでしょう。

相続の申請手順の基本を抑えるのなら、まずは期限です。相続手続きには期限があり、”必ず”守らなければいけません。期限を必ず守らなければならないということは、期限が早い目に設定されている手続きから必然的に始めることになります。
数ある相続手続きの中で1番期限が早いのが、死亡届です。死亡届は7日までに提出することになっていますが、なるべくなら故人が死亡した直後に提出した方が良いでしょう。死亡届を出したら火葬許可証の手続きへと移りますが、モタモタしていると火葬許可を抑えるのは難しくなります。火葬許可証を出すのも、なるべく早い目に済ませるのが理想です。

相続開始から1ヶ月までに、遺言書の確認手続き・相続人調査に移ります。特に重要なことは、遺言書の確認でしょう。遺言書がなくても相続手続きはできなくないものの、後で見つかると何もかもやり直しになります。例え面倒でも、遺言書の捜索は徹底して下さい。
当然ですが、相続人調査も重要です。「うちは親戚が少ないから」とおもっていても、意外なところで血縁関係者が見つかることもあります。相続人になる人物は誰になるのか、ハッキリさせましょう。

相続開始から3ヶ月までに、相続放棄や限定承認の手続きを行います。相続をするかしないかは、3ヶ月以内に決めなければいけません。相続放棄であれば個人の判断できるものの、限定承認の場合は相続人全員の承諾が必要です。
限定承認を考えているのなら、なるべく早い目に決断した方が良いでしょう。急かすような形になりますが、モタモタしていると3ヶ月はあっという間に過ぎます。

相続開始から10ヶ月までに、相続税の申告を行います。もし10ヶ月を過ぎてしまうと「申告漏れ」となり、加算税や延滞税がかかってしまう恐れがあります。また間に合ったとしても、実際の額より少ない額を申告した場合もペナルティが課せられてしまいます。
相続税が発生しなければ、申告の必要はありません。ただし特例で相続税が0円になった場合、申告が必要になるので注意して下さい。相続税がかからないからと呑気に構えていると、後で酷い目に遭うのがオチです。

相続手続きを委任する流れと手順

相続手続きに関しては難しくてわからない方も多いです。
噛み砕いて理解していけばわかるのですが、やはり人生でそうそう経験のあるものでもないので、それなら専門家に丸投げした方が良いという方もいます。
しかし、相続手続きを代行してもらう場合は、委任する形となります。
相続手続き責任に関しては、委任した人に任せることとなり、その人が代行することに同意したとみなされます。
そのため、委任する場合はしっかりと考えておくことが必要です。
ただ、委任する人に関しても、それぞれ違ってくるので気を付けておくことが重要となります。
相続手続きは注意点も多々あるので、それらに関しては少しでも理解しておくと良いです。

まず、相続手続きの委任に関しては、大きく分けて2つのパターンがあります。
1つが家族や遺族に委任するパターン、もう1つがまったく第三者に委任するパターンです。
前者の場合は、代表となる遺族や家族が出て、その人がすべての手続きをおこなうということも可能となっています。
さすがに相続手続きによっては、配偶者だけではなく、子供や孫も対象となることがありますからね。
そうなった場合、それぞれが手続きするというのも難しい場合があります。
この場合にはそれぞれが委任状を作成し、委任する人に一任する形となります。
また、後者の第三者に委任するパターンで多いのが、専門家などに委任するということです。
弁護士や税理士、司法書士に行政書士など、この手の手続きをサポートしてくれる専門家は多々います。
そういう方に委任する場合は、代行してもらうことを証明するための委任状が必要となるでしょう。
もちろん、専門家に委任する場合でも、国は第三者が手続するとして認識するので、委任状も必要となってきます。
それらの点も合わせて、まずは専門家に相談してみてください。

ちなみに、相続手続きに関してはミスが発覚すると修正が必要となります。
特に相続放棄の手続きなどでミスすることは少ないですが、実際に相続税の計算などでミスしてしまうことが多いです。
それらの場合、修正してまた手続きをしなくてはならないので、無駄骨になります。
そのため、最初から委任しておくという方法もあります。
最初の手続きから丸投げしておけば、より安心して手続きを済ませることができるでしょう。
まずは身近にいる専門知識のある方に委任して、対応してもらってみてはいかがでしょうか。

相続手続きにかかる費用

遺産相続は手続きの期限が設けられているものが多いので、手順は比較的決まっているため進めやすいと思います。
しかしひとつひとつの手続きに専門的な知識が必要だったり、相続自体そう何度も経験するものではないので基本的な知識不足によって難しいと感じている人も少なくありません。
したがって専門家へ依頼して手続きを進めるのがもっとも効率的ですし、未然にトラブルを回避できたりトラブルになった場合でもスムーズな対応ができるでしょう。
“相続手続きにかかる費用” の続きを読む

相続の相談

遺産相続は難しいイメージを持っている人も多いと思いますが、基本的に手順は同じですしやることを把握できていればそれほど難しくありません。
もちろん手続きの中には専門家の力を借りたほうがスムーズに進められるものもありますので、どれを自分でやるのか、どれを専門家へ依頼するのかあらかじめ選別しておくといいでしょう。
“相続の相談” の続きを読む

相続の相談ができる窓口はどこ?

これから遺産相続をするという人の中にはどのような手順で進めていけばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?
遺産相続は人生で何度も経験するものではありませんし、普段から関わっていなければそれほど知識もないと思います。
しかも相続は突然しなければならない状況になることも十分考えられるので、もし困ったときに相談できる窓口を知っておくことが大切です。
そこでここでは相続の相談できるところを紹介していきますから、これから相続を控えている人や将来に備えて知っておきたい人は参考にしてください。
“相続の相談ができる窓口はどこ?” の続きを読む

相続の手順と注意点

家族が亡くなった後、悲しみに暮れる間もないまま通夜や葬儀を行い、そこから今度は遺産相続をはじめなければなりませんが、遺産相続は普段から勉強している人やそれに関わる仕事をしている人でない限りそれほど詳しい人はいないでしょう。
したがって遺産相続のときにトラブルになるケースは後を絶たず、その割合は全体の70パーセント程度だと言われていますから非常に高いです。
そこで重要になってくるのが相続の手順と注意点をしっかり把握することで、これが分かっていれば戸惑うことも少なくなります。
“相続の手順と注意点” の続きを読む

遺産相続を正しく行うために

家族が亡くなった後に遺産が残されている場合、手順に沿って相続を進めていきますが、これは各手続き期限が決まっているのであらかじめいつまでに何をするのか把握しておかなければなりません。
たとえば相続人を決めるうえで重要になる遺言書の確認は被相続人が亡くなってから3カ月以内にやらなければいけませんし、遺言書が残されていない場合は遺産分割協議を開始しなければなりません。
“遺産相続を正しく行うために” の続きを読む

死亡から相続までの手順

一般的に遺産相続はトラブルになりやすいというイメージが持たれていますが、これはイメージ通りで、実際に遺産相続を経験した人に話を聞いてみたところ実に70パーセントを超える人たちが何らかのトラブルを経験したと答えています。
その背景には相続についてあまり知識がないことも原因になっており、相続をする可能性があるならどういう手順で進めて行けばいいのか知っておくとトラブルも回避できます。
それではここから簡単にではありますが被相続人の死亡から相続までの手順を紹介していきます。
“死亡から相続までの手順” の続きを読む

相続登記の手順

遺産相続をすることが決まったら、相続する財産の登記をしなければなりませんが、ここに至るまでが意外と大変だと言われています。
遺産相続は誰がどの財産を相続するのかということでトラブルになることも少なくありませんし、できるだけ穏便かつスムーズに手続きを進めるためにも相続登記までに手順を把握しておくことは大切です。
そこで今回は相続登記の手順を簡単に説明していきますので、これから遺産相続する可能性がある人は参考にしてください。
“相続登記の手順” の続きを読む