死亡から相続までの手順

一般的に遺産相続はトラブルになりやすいというイメージが持たれていますが、これはイメージ通りで、実際に遺産相続を経験した人に話を聞いてみたところ実に70パーセントを超える人たちが何らかのトラブルを経験したと答えています。
その背景には相続についてあまり知識がないことも原因になっており、相続をする可能性があるならどういう手順で進めて行けばいいのか知っておくとトラブルも回避できます。
それではここから簡単にではありますが被相続人の死亡から相続までの手順を紹介していきます。

まず被相続人が死亡したその日が相続の開始日となっており、その日を基準にして相続手続きは期限が設けられています。
そして被相続人の通夜・葬儀を行った後に相続人の所有する口座がある金融機関に連絡する、生命保険金を受けとる、健康保険・遺族年金がある場合はその受取手続き、遺言書の確認、裁判所で遺言書の検認、相続人を確定させるための戸籍調査をする、相続財産の調査をする、遺産分割協議の開始、限定承認・相続放棄といった手続きをしなければなりませんが、これらの手続きはいずれも相続開始から3カ月以内にやらなければなりません。
非常に多くの手続きをこなさなければいけないので慌ただしくなりますから、時間がかかりそうなものからスケジュールを立ててこなしていくようにしてください。

次に準確定申告を4カ月以内に行い、遺産分割協議を行った場合は遺産分割協議書を作成します。
これは各相続手続きをするときに必要になりますので、相続人全員が揃って署名・捺印していることを必ず確認してください。

これが終わったら相続人が各自相続登記などの手続きをしていきますが、手続きの内容や必要書類は何を相続するかによって違いますので何が必要で何をするのか調べておきましょう。
相続税が発生する場合は税務署へ申告しなければなりませんので、そちらも忘れないでください。
以上の手続きを10カ月以内に済ませておきます。