相続の手続きでよくあるトラブル


 
・残された家族のトラブル
相続の手続きでよくあるトラブルが、家族同士の争いです。
もしかしたら、これが一番多いかもしれませんね。
相続というのは、それぞれの家族に相続するものが公平に分割されるようになっています。
しかし、状況によっては納得できないということも多々あるのです。
例えば、法律では優先順位として配偶者が一番強力な力を持っていて、その次に子供という立ち位置になっています。
しかし、例えば亡くなる直前に再婚していて、その配偶者に多額の遺産を持っていかれると思うと、子供たちが納得しないという場合もあるのです。
当然、法律では配偶者と子供で分け合うようにと考えているのですが、状況によって大きく変わってくるのが相続というものです。
ここまで極端な例ではなくても、例えば配偶者がいなかったり、子供がいなかったりすることでも状況は大きく変わってくるでしょう。
それぞれの状況に合わせて、トラブルの内容に相続の手続きは進めなくてはなりません。
 
・遺言書によるトラブル
被相続人によっては、遺言書を残していることもあります。
相続では、その遺言書が効力を持つことも多いです。
例えば、遺言書に「遺産の一部はペットの世話代として使ってほしい」と記載されていた場合は、それに準じて遺族が行動しなくてはなりません。
もちろん、この場合は遺族が相続を行って、その一部を使ってペットを養っていくというのが一般的な構図となります。
しかし、例えば亡くなる直前まで次男がずっと介護をしてくれていた場合、配偶者や長男、長女、次女などに比べて優先して相続したいということもあるかもしれません。
そうなってくると、遺言書でも「次男の〇〇に相続したい」と明記されていることもあります。
相続では遺留分というのがあり、最低限相続人が受け取れる遺産もあるのですが、遺言書なども考慮して遺産分割協議が必要となってきます。
常識の範囲内であれば良いですが、荒唐無稽な遺言書だった場合はトラブルの火種になることも多いので注意が必要です。
 
・申告や納付でのトラブル
相続の手続きの中でも、特に厄介なのが相続税などの申告や納付です。
当然、相続するものがあれば、それに応じて計算して申告と納付することが必要となります。
しかし、人によっては相続税を支払うこと自体を忘れているということも少なくありません。
この手のトラブルに関しては、税理士などの専門家に相談して対処するのが良いでしょう。