相続の手順と注意点

家族が亡くなった後、悲しみに暮れる間もないまま通夜や葬儀を行い、そこから今度は遺産相続をはじめなければなりませんが、遺産相続は普段から勉強している人やそれに関わる仕事をしている人でない限りそれほど詳しい人はいないでしょう。
したがって遺産相続のときにトラブルになるケースは後を絶たず、その割合は全体の70パーセント程度だと言われていますから非常に高いです。
そこで重要になってくるのが相続の手順と注意点をしっかり把握することで、これが分かっていれば戸惑うことも少なくなります。

まず相続の手順ですが、7日以内に死亡届を出した後、3カ月以内にやらなければならないことがたくさんあります。
「通夜・葬儀を行う」
「被相続人の口座がある金融機関に連絡する」
「被相続人名義の生命保険金を受けとる」
「被相続人の健康保険、遺族年金の手続き」
「遺言書の確認」
「裁判所にて遺言書の検認」
「戸籍調査をする」
「相続財産の調査をする」
「遺産分割協議をはじめる」
「限定承認、相続放棄をする」

これらはいずれも被相続人が亡くなってから3カ月以内に終えなければなりません。
この中で特に注意点としてあげたいのが最後の2つで、遺産分割協議は遺言書がない場合法定相続人を決めて誰がどの財産を相続するか決める重要な協議になりますし、マイナスの財産が多い場合は限定承認や相続放棄も検討しなければならないからです。
そして4カ月以内に準確定申告を行い、10カ月以内に遺産分割協議書を作成して相続手続きを開始し、相続税が発生する場合は相続税の申告をします。

相続税がかかるか計算するときの注意点として基礎控除額の計算式や税率が平成27年1月1日以降変更になっているため、正しい計算方法を把握しておくという点があげられます。
ほかにも遺言書によって第三者への遺贈を希望している場合は遺留分が発生しますし、注意しなければならないところはいくつもありますので専門家を交えながら進めていくといいでしょう。