相続の相談ができる窓口はどこ?

これから遺産相続をするという人の中にはどのような手順で進めていけばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?
遺産相続は人生で何度も経験するものではありませんし、普段から関わっていなければそれほど知識もないと思います。
しかも相続は突然しなければならない状況になることも十分考えられるので、もし困ったときに相談できる窓口を知っておくことが大切です。
そこでここでは相続の相談できるところを紹介していきますから、これから相続を控えている人や将来に備えて知っておきたい人は参考にしてください。

はじめに相続に関する相談でよくあがるのが「亡くなった人がどんな財産を持っていてどれくらいの負債を抱えているのか分からない。」「相続財産が全部でどれくらいあるのか分からない。」「相続財産の調べ方が分からない。」「相続人が誰なのか分からない」といったものがあります。
まず最初の3つは財産調査によって調べることが可能ですが、これに関する相談は行政書士・司法書士・弁護士が相談の窓口になります。

財産そのものの合計を調べて欲しい場合は比較的低料金で依頼できる行政書士がおすすめですが、相続財産の中に不動産がある場合は登記が必要になりますので登記の代行ができる司法書士がいいかもしれません。
また遺言書がある場合など法律的なことも含めて進めて行くときには弁護士がおすすめです。
相続人が誰なのか調べたいときには戸籍調査を行いますが、これは行政書士に依頼することも可能ですが市町村役場で戸籍謄本などを入手するだけなので自分でもできますし、まずは市町村役場へ直接相談してみましょう。
さらに遺産相続するときには金額によって相続税がかかってくる可能性がありますが、こういった相談は税理士にします。

相続税は被相続人が亡くなってから10カ月以内に申告しなければなりませんので、期限も忘れないでください。
このように相談できる窓口はいくつかあるので目的に応じて相談してください。