相続手続きにかかる費用

遺産相続は手続きの期限が設けられているものが多いので、手順は比較的決まっているため進めやすいと思います。
しかしひとつひとつの手続きに専門的な知識が必要だったり、相続自体そう何度も経験するものではないので基本的な知識不足によって難しいと感じている人も少なくありません。
したがって専門家へ依頼して手続きを進めるのがもっとも効率的ですし、未然にトラブルを回避できたりトラブルになった場合でもスムーズな対応ができるでしょう。

そこで気になるのが専門家へ依頼するときの費用ですが、これはどんな手続きを依頼するのか相続財産はいくらなのかによって相場が変わってきます。
まず相続手続き全般を依頼する場合は相続した遺産の総額が2000万未満の場合はだいたい15〜30万円が相場となり、40万円を超えると高いと言えます。
そして相続した遺産の総額が5000万未満の場合はだいたい20〜40万円が相場となり、50万円を超えると高いと言えます。
さらに相続した遺産の総額が1億円未満の場合はだいたい30〜60万円が相場となり70万円を超えると高いと言えます。

また、相続財産に不動産がある場合は名義変更をしなければなりませんが、これを専門家に依頼する場合は固定資産税がひとつの基準になります。
固定資産評価額が2000万未満の場合は1件あたりだいたい7〜10万円が相場で12万円を超えると少し高いと言えますし、5000万未満だと1件あたりだいたい8〜12万円が相場となり15万円を超えると高いと言えます。
また1億円未満だと1件あたりだいたい12〜15万円が相場となり20万円を超えると高いと言えます。

このように金額によって変わりますので、まずはどれくらいの相続になるのかを明確にしてから、いくつかの専門家へ相談してみましょう。
もちろん判断材料は費用面だけではなく、信頼できるかどうかも基準になりますのでインターネットなどで情報収集してみてください。