遺産相続を正しく行うために

家族が亡くなった後に遺産が残されている場合、手順に沿って相続を進めていきますが、これは各手続き期限が決まっているのであらかじめいつまでに何をするのか把握しておかなければなりません。
たとえば相続人を決めるうえで重要になる遺言書の確認は被相続人が亡くなってから3カ月以内にやらなければいけませんし、遺言書が残されていない場合は遺産分割協議を開始しなければなりません。

遺言書が残されているときに注意したいのが開封方法で、遺言書は中に誰がどの財産を相続するか記載されているので相続人が開封しても問題ないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、これはNGです。
もし相続人自身が遺言書を開封してしまった場合、その遺言書は無効になってしまいますのでせっかく用意したものが無駄になってしまいます。
遺言書を開封するときには必ず弁護士など専門家が開封してチェックしなければなりませんから、依頼してください。

次に自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合は裁判所で検認をする必要があります。
これは残された遺言が有効なものか、改ざんされた可能性はないかなどを確かめるために行い、そこで問題がなければそのまま相続を開始します。

遺言書が残されていない場合は相続人が集まって遺産分割協議を行いますが、相続人同士で協議すると揉めてしまう可能性もあります。
そういったトラブルを起こさないためにも第三者を立てて進めていくのもひとつの手段です。
遺産分割協議をしたあとに遺産分割協議書を作成しなければなりませんが、これは相続登記のときなどに使用しますので、署名・捺印の漏れがないか確認してください。

また不動産を相続する人も多いと思いますが、農地のような特殊な土地を相続する場合、相続することへの許可を取る必要はありませんが、相続したあとに誰かに譲る場合は許可が必要になります。
このように遺産相続を正しく行うためには相続の手順だけでなく相続財産の特徴も掴んでおきましょう。家族が亡くなった後に遺産が残されている場合、手順に沿って相続を進めていきますが、これは各手続き期限が決まっているのであらかじめいつまでに何をするのか把握しておかなければなりません。
たとえば相続人を決めるうえで重要になる遺言書の確認は被相続人が亡くなってから3カ月以内にやらなければいけませんし、遺言書が残されていない場合は遺産分割協議を開始しなければなりません。

遺言書が残されているときに注意したいのが開封方法で、遺言書は中に誰がどの財産を相続するか記載されているので相続人が開封しても問題ないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、これはNGです。
もし相続人自身が遺言書を開封してしまった場合、その遺言書は無効になってしまいますのでせっかく用意したものが無駄になってしまいます。
遺言書を開封するときには必ず弁護士など専門家が開封してチェックしなければなりませんから、依頼してください。

次に自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合は裁判所で検認をする必要があります。
これは残された遺言が有効なものか、改ざんされた可能性はないかなどを確かめるために行い、そこで問題がなければそのまま相続を開始します。

遺言書が残されていない場合は相続人が集まって遺産分割協議を行いますが、相続人同士で協議すると揉めてしまう可能性もあります。
そういったトラブルを起こさないためにも第三者を立てて進めていくのもひとつの手段です。
遺産分割協議をしたあとに遺産分割協議書を作成しなければなりませんが、これは相続登記のときなどに使用しますので、署名・捺印の漏れがないか確認してください。

また不動産を相続する人も多いと思いますが、農地のような特殊な土地を相続する場合、相続することへの許可を取る必要はありませんが、相続したあとに誰かに譲る場合は許可が必要になります。
このように遺産相続を正しく行うためには相続の手順だけでなく相続財産の特徴も掴んでおきましょう。